もりねずみーのやつ

インターネット上でしか生きられません

Raspberry Pi Model B+にArch Linux ARM(カーネル3.12.26-1-ARCH)をインストール

Raspberry Pi Type B+買いました

連休に入りました。

連休に入って、こっそりシコシコとアレをナニしてるわけなんですが、進捗ダメですと思われないために、ここらで進捗出しておこうかと…。

Raspberry Pi Type B+買いました。

旧TypeBとの違いは、そこら中で取り上げられているのですが、あまり知られていなく、ものすごく地味にムカつく違いだけ、ちょっと紹介しておきます。

Type Bの場合、M3ネジが通るので、PC自作er御用達なマザボに使うネジ類が使えたわけで、Type B+の場合、何故かM3ネジが通らず、恐らく、M2.6になっている。なんでそんな微妙なサイズにしたのか…。

結局、穴をヤスリで広げてM3ネジ通すようにしたんだけど、M3ネジを止めてみると、microUSBコネクタと干渉したり、チップ抵抗に接触したりと、割と地味にファッキンな仕様になっていました。

まぁそれはさておき、、これを機に、Archをインストールすることになって、Arch ARMを覗くと、またセットアップ方法が変わってたので、自分の防備録として、残しておきたいと思った。

毎回恒例、公式リンク。一番確実なので、以下を参考に。(日本語ページは若干古いので注意)

http://archlinuxarm.org/platforms/armv6/raspberry-pi

https://wiki.archlinux.org/index.php/Raspberry_Pi

前提環境

マシン: Macbook Air 2011 Mid

OS: Arch Linux(3.15.7-1-ARCH)

SDカードの作成(PC側)

作業用ディレクトリ作成

$ mkdir raspberrypi
$ cd raspberrypi
$ mkdir boot
$ mkdir root

最新のArchARMを取得

$ wget http://archlinuxarm.org/os/ArchLinuxARM-rpi-latest.tar.gz

SDカードの場所を確認

$ lsblk

SDカードの準備(以降rootユーザ) bootパーティションは100MBのFAT32形式、rootパーティションは残り容量でLinux File System形式でパーティションを作成。

$ su
# fdisk /dev/sdc

Welcome to fdisk (util-linux 2.24.2).
Changes will remain in memory only, until you decide to write them.
Be careful before using the write command.


Command (m for help): d
Selected partition 1
Partition 1 has been deleted.

Command (m for help): p
Disk /dev/sdc: 29.2 GiB, 31322013696 bytes, 61175808 sectors
Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disklabel type: dos
Disk identifier: 0x9686be27


Command (m for help): o

Created a new DOS disklabel with disk identifier 0x07befaf8.

Command (m for help): n

Partition type:
   p   primary (0 primary, 0 extended, 4 free)
   e   extended
Select (default p): p
Partition number (1-4, default 1): 
First sector (2048-61175807, default 2048): 
Last sector, +sectors or +size{K,M,G,T,P} (2048-61175807, default 61175807): +100M

Created a new partition 1 of type 'Linux' and of size 100 MiB.

Command (m for help): t
Selected partition 1
Hex code (type L to list all codes): c
If you have created or modified any DOS 6.x partitions, please see the fdisk documentation for additional information.
Changed type of partition 'Linux' to 'W95 FAT32 (LBA)'.

Command (m for help): n

Partition type:
   p   primary (1 primary, 0 extended, 3 free)
   e   extended
Select (default p): 

Using default response p.
Partition number (2-4, default 2): 
First sector (206848-61175807, default 206848): 
Last sector, +sectors or +size{K,M,G,T,P} (206848-61175807, default 61175807): 

Created a new partition 2 of type 'Linux' and of size 29.1 GiB.

Command (m for help): w
The partition table has been altered.
Calling ioctl() to re-read partition table.
Syncing disks.

SDカードのフォーマット bootパーティションは、FAT形式で、rootパーティションは、F2FSでフォーマットした。 ※ mkfs.f2fsは pacman -S f2fs-toolsでインストールすることで使えるようになる。

# mkfs.vfat /dev/sdc1
# mkfs.f2fs /dev/sdc2

SDカードをマウントし、ダウンロードしたArchARMをマウント先に展開

# mount /dev/sdc1 boot
# mount /dev/sdc2 root
# tar -xf ArchLinuxARM-rpi-latest.tar.gz -C root
# sync
# mv root/boot/* boot

rootfstypeをF2FSに変更し、Raspberry Piからrootパーティションを読み込めるようにする

# vi boot/cmdline.txt

変更前
elinux=0 plymouth.enable=0 smsc95xx.turbo_mode=N dwc_otg.lpm_enable=0 console=ttyAMA0,115200 kgdboc=ttyAMA0,115200 console=tty1 root=/dev/mmcblk0p2 rootfstype=ext4 elevator=noop rootwait


変更後
elinux=0 plymouth.enable=0 smsc95xx.turbo_mode=N dwc_otg.lpm_enable=0 console=ttyAMA0,115200 kgdboc=ttyAMA0,115200 console=tty1 root=/dev/mmcblk0p2 rootfstype=f2fs elevator=noop rootwait

SDカードをマウント解除

# umount boot root

作成したSDカードをRaspberry Piに挿し、電源を入れ、Raspberry PiにSSHでログイン

$ ssh root@192.168.0.6
password: root

rootパスワードを変更

# passwd

なぜか、デフォルトのGeo-IPのミラーが繋がらなかったので、USミラーを選択した

# vi /etc/pacman.d/mirrorlist

毎回恒例

# rm /etc/localtime
# ln -s /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime
# echo [hostname] > /etc/hostname
# vi /etc/hosts

ネットワーク接続を、有線LANで、静的IPを設定

# cd /etc/netctl
# cp examples/ethernet-static my_network
# vi my_network
Description='A basic static ethernet connection'
Interface=eth0
Connection=ethernet
IP=static
Address=('192.168.0.11/24'')
#Routes=('192.168.0.0/24 via 192.168.1.2')
Gateway='192.168.0.1'
DNS=('192.168.0.1')

## For IPv6 autoconfiguration
#IP6=stateless

## For IPv6 static address configuration
#IP6=static
#Address6=('1234:5678:9abc:def::1/64' '1234:3456::123/96')
#Routes6=('abcd::1234')
#Gateway6='1234:0:123::abcd'

※後から分かったことで、本バージョンから、デフォルトのDHCP接続が、netctl-ifplud@eth0.serviceではなくなっている様子。どこで設定してあるか後で調べて切っておく。

# systemctl disable netctl-ifplugd@eth0.service
# systemctl enable netctl-ifplugd@my_network.service
# netctl enable my_network

設定ミスってて、後から繋がらないってなると泣きそうになるので、一旦ここで再起動

# reboot

設定したIPで、再度接続

$ ssh root@192.168.0.11

Raspberry Pi用に、パッケージを最新化し、必要なパッケージをインストール。

※ここは、任意。とりあえずデスクトップな環境であれば、以下の通り。

# pacman -Syu
# pacman -S sudo alsa-utils alsa-firmware alsa-lib alsa-plugins xf86-video-fbdev xf86-input-synaptics raspberrypi-firmware raspberrypi-firmware-tools git

ユーザを作成

# useradd -m -g users -G wheel -s /bin/bash morinezumiiii
# passwd morinezumiiii
# gpasswd -a morinezumiiii audio
# gpasswd -a morinezumiiii video
# gpasswd -a morinezumiiii uucp
# gpasswd -a morinezumiiii tty

sudoerファイルを編集

# visudo

以降、通常ユーザで。

# exit
$ ssh morinezumiiii@192.168.0.11

Raspberry Piなアプリケーション(raspividとか)のPATHを通す

$ vi ~/.bash_profile
export PATH=$PATH:/opt/vc/bin

$ source ~/.bash_profile
$ vcgencmd version
Jul 23 2014 21:12:29 
Copyright (c) 2012 Broadcom
version 174cdd77563b98023955a94cb8d072d9c7095d6f (clean) (release)

ちなみに、ここ2ヶ月くらいで、ラズパイに使ったSDカード3枚くらいぶっとびました。

そもそも書き込み回数1万回程度って書いてあるSDカードにOS入れて動かすって事自体が、「んー…」な感じなんだけど、とりあえず、ファイルシステムExt4からF2FSに、スワップ領域を無くし、ログ書き込み先をtmpfsにすることで、ほんの少しでも、延命できるかなと、淡い期待を抱いてる。

ゆくゆくは、ちゃんとramfsにするなり、ストレージは別で用意するなりしたいなぁと思う。

以上、お疲れ様でした。

$ exit